<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 30日
【多摩川水系】熊倉沢【丹波川】
あまり入渓する人がいないようだが、気になるから行ってみた。人気ないのにはワケがある。2度目はないな。

【実施日】 2016年5月29日(日)

【天候】 晴れ時々曇り

【山行形態】 沢登り
【山域】 多摩川水系 / 丹波川 / 熊倉沢
【コース】 熊倉沢を登って、熊倉山頂経由、熊倉尾根を下降

b0012281_19293495.jpg
一瞬良さそうに見えたけど・・・・


b0012281_19294628.jpg




b0012281_19295183.jpg
自然の倒木に加え間伐の流木倒木が通せんぼ




b0012281_19295701.jpg
たまによさげな滝もある



b0012281_19300489.jpg
山葵田も出現



b0012281_19301137.jpg
b0012281_19301933.jpg

1300m越えたくらいで涸れる。落ち葉の堆積で沢床を登るのは難儀だった。早々に右手尾根を目指す。急斜面の樹林を登り切ると熊倉山頂の南東側にでた。おおむね予定通り。










 .



[PR]

by w_bunz | 2016-05-30 19:43
2016年 05月 14日
白馬沢左俣
先週に引き続き、白馬シリーズ。左俣も行っとく?

【実施日】 2016年5月13日(金)
【天候】 晴れ

【山行形態】 山スキー
【山域】 北ア / 白馬岳
【コース】 猿倉から白馬沢上部右俣から稜線まで登って、左俣を滑降



b0012281_20444894.jpg
白馬沢下部の状況

先週の写真と同じようなアングルですが、使い回しではありません。今週の雪解けはわずかだったようだ。



b0012281_20445420.jpg
同じく白馬沢下部の状況

こちらも先週とあまり変わらず。



b0012281_204506.jpg
上部右俣

先週と同じくここを登る。今回は先週よりも右寄りに進路をとって、早めにこの右俣の左岸尾根上に出た。



b0012281_2045778.jpg
右俣左岸尾根上に出たところ




b0012281_20451532.jpg
ライチョウ

稜線の上では、ライチョウさんのお出迎え。というか、我関せずといった感じでひたすらエサをついばんでいた。それはいいとして、ライチョウは天敵を避けるため天候が良くないときに活動するといわれているらしいが、悪い予感が・・・・・ 稜線上に出たころからガスが出始めて、下界の視界がゼロになることも。流れ来る雲の上端がほぼ稜線の標高と同じくらいで、完全に下方の視界を遮ってしまった。



b0012281_20452890.jpg
右見て

ドロップ地点の右には偽ピーク。こいつのさらに向こうに白馬山頂があります。写真左下へは白馬主稜が延びているのが、ガスの向こうにかすかに見えてます。

b0012281_20453934.jpg
左見て

b0012281_204521100.jpg
ドロップイン

厳密にいえば左俣の右俣?山頂付近からのドロップは、却下。ほとんど崖に近い斜度で、雪庇が出ており、これがこの日の午前中に一部崩落している。凄い勢いで右俣出会いまで雪崩れていくさまを目撃しました。マジでブルってしまったよ。なぜなら、そこを滑降しようってんだから。ということで、より安全な左俣の右俣というべき、すり鉢状の源頭部にドロップイン。

1時間近く待って、ようやく訪れたガスの切れ目。一瞬、それはちょっと大げさ、一時回復した視界にドロップイン。登りながら滑降ラインをアタマの中でシュミレーションしてはいたが、それも視界があってのこと。右岸が白馬主稜ということになるので、これを目印にするつもりでいたのにこれがよく見えないことには。

b0012281_2045457.jpg
左俣の左俣出合

写真奥が、その出合になるが、この先はついさっき雪庇崩壊による雪崩の走路になった場所。深い縦溝が刻まれた無法地帯。



b0012281_2046991.jpg
滑降ラインの見上

気温が高く時間も遅くなったため、雪は腐っていて、表層のシャーベットが流れ落ちる。後方に注意を払っていても自ら引き起こした白い泥流に足元をすくわれる。何度か転倒してしまった。



b0012281_20461524.jpg
ルート最峡部

本ルート中、最も幅の狭い場所は、右俣の出合直上だろう。登高時に下から見上げて、雪の続いていることは確認していたが、その後雪庇崩壊のデブリが激しく流れていく様子をも目撃して、ここからの滑降は却下。雪の着いた右岸の尾根を乗越して、右隣のルンゼへ移行。

b0012281_20462450.jpg
滑降ラインの見上

写真中央の岩稜の右からドロップしてます。ちなみに写真左側が白馬主稜なので山頂付近からのドロップならば、やはりこの場所へ落ちてくることになります。ま、今日の場合、落ちてきたのは雪庇なんですが。



b0012281_20463229.jpg
右俣の出合

この比較的広いノドを通過すると右俣の出合。ここまでくると一安心か。上部に限って言えば、かなりデンジャラスな香りの漂うルートだった。縦溝、シュルント、落石、もう何でもアリ。

馬尻の出合付近では沢が割れて水流が出ている。水量は多くて、渡渉は断念。少し歩いて白馬主稜の末端を巻いて通過。





.
[PR]

by w_bunz | 2016-05-14 20:49
2016年 05月 09日
白馬沢右俣
前日は雨、いい休養になった。朝から温泉、お昼は中華でお腹いっぱい。そして本日朝から快晴。

【実施日】 2016年5月8日(日)
【天候】 晴れ

【山行形態】 山スキー
【山域】 北ア / 白馬岳
【コース】 猿倉から白馬沢上部右俣経由で白馬岳山頂へ往復



b0012281_20195555.jpg
白馬沢下部の状況

広々していて気持ちい好い。見た通り。復路では無人のゲレンデのごとくぶっ飛ぶように滑った。



b0012281_2020456.jpg
同じく下部の状況



b0012281_20201386.jpg
少し登ったところで汚いデブリに遭遇



b0012281_20202158.jpg
上部右俣の状況

ここからが往路の核心部。幸いなことに雪は割と締まっていて、歩くには不自由しないが、アックスの効きはいまひとつ。



b0012281_20203293.jpg



b0012281_20204678.jpg
尾根の上へ出たところ

右俣を詰めて左岸の尾根の上へ出た。後は尾根伝いに稜線を目指す。



b0012281_20205652.jpg
小蓮華の稜線

稜線に出たら、雪の途切れるところで装備デポ。ここまで来たら、せっかくだから白馬山頂へ往復。



b0012281_20211648.jpg
ここからドロップイン

b0012281_20212519.jpg
しょっぱなの雪質はまあまあ。

b0012281_2021353.jpg
上部では写真の通り快適な斜面、中間部で少しばかりデブリに足を取られるが、これも気温の上昇でくたくたになっているので、スキーで蹴散らし、下部はゲレンデのようになだらかで、雪不足が言われる今年にあって、最大限満足のいく一本になった。







  
[PR]

by w_bunz | 2016-05-09 20:22
2016年 05月 09日
白馬鑓ヶ岳中央ルンゼ
スリリングかつ快適なスキー滑降がしたければどこへ行く?てなわけで、白馬鑓ヶ岳の中央ルンゼへ

【実施日】 2016年5月6日(金)
【天候】 晴れ

【山行形態】 山スキー
【山域】 北ア / 白馬鑓ヶ岳
【コース】 猿倉から小日向のコル経由で入山。鑓温泉の沢右俣から登って、鑓ヶ岳山頂から中央ルンゼへドロップ。






b0012281_182236.jpg
白馬岳の状況

b0012281_1824794.jpg
鑓ヶ岳中央ルンゼの状況

下から見上げる限り、雪は続いていて滑れそうな気がする。今年は特に雪解けを考慮して、滑降ルートの目視確認は欠かせないでしょう。



b0012281_183316.jpg
鑓温泉の状況

例年よりも雪解けが早いためか、浴槽の周りも完全に露出。帰りに立ち寄ってみたが、温度は42-3℃って感じだった。



b0012281_1831118.jpg
杓子岳と白馬岳

b0012281_1831842.jpg
鑓山頂からの中央ルンゼ

b0012281_1832957.jpg
ルンゼ内部の状況

山頂や稜線では、気温こそ低くないもののそこそこの強風で寒かったが、ルンゼ側は風下。内部は無風。



b0012281_1833897.jpg
『ノド』の状況

下から見た限り問題なさそうだったけど、やっぱりかぁ。ギリギリです。写真で見るとなんとか行けそうに見えますが、実際は狭い急斜面の溝に自ら発生させたシャーベットのドロドロが流れ続けていて、露岩の上にケツをおろしてスキーをズリ下すようにして通過。



b0012281_1834614.jpg
杓子沢下部の状況

山頂から見た杓子沢は状態は良さそうだったが、下部に滝が出ていいるようだ。次回プランにリストアップしていたが、却下。



 



 
  

 
[PR]

by w_bunz | 2016-05-09 18:08